気になるボトックス副作用とは?【副作用が出にくい】

手軽にできる美容整形

カウンセリング

色々な効果がある美容注射

あまり美容に詳しくない人や整形に興味がない人であっても“ボトックス注射”という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。これは注射をする美容整形方法で、名前からも想像できますが、注射だけなので痛みや副作用はほとんどありません。さらには、注射をしてから効果が定着するまで7〜14日程度の期間がかかるため、ジワジワと変化が起こり始めます。そのため、周囲に美容整形をしたと知られにくいというのも人気の理由のひとつです。さらに注射1回につき3〜5万円前後が相場となっているため、美容整形の中では非常に値段が安く挑戦しやすいというのも新規客が多い理由ではないでしょうか。そして、注射を繰り返すと人によっては効果が定着して、さらに注射を打たなくても効果が消えなくなるというメリットがあります。繰り返す回数は人によって異なりますし、定着するまでには1年〜3年ほどかかるとは言われているものの、大掛かりな整形手術よりもトータルコストが安く、自然な仕上がりになるという点も非常に魅力的です。そして、ボトックス注射最大の魅力は、小顔整形やシワ取り、さらには脚痩せなど多岐にわたる効果があるという点でしょう。男性なら自分のいかつい印象を無くしたいと、眉間のシワとりを行うために注射をする人もいるほどです。若い女性なら小顔効果を狙ってエラに注射を、廊下が気になる女性ならたるみ対策としてあごや頬への注射が効果的、このようにこれだけで色々な美容効果が期待できるのも魅力的な点でしょう。副作用も極めて少なく、安心して利用できる美容整形の代名詞ともいえるボトックス、利用しない手はありません。多様な効果を持つボトックス注射は、利用者層の年齡や性別も幅広く、多くの人に利用されている美容整形です。注射一本という手軽さから、エステや美容ケアの一環として取り入れる人もいるほどですが、いくつかの注意点を守らなければ効果が失われたり、副作用のような赤みや腫れが出たりしてしまうこともあります。まず、注射した後はその箇所を触ったり揉んだりするなど、強い圧力を掛けるのは厳禁。注射をしたことで薬剤がその部分にとどまっているわけですから、圧力をかけて薬剤が分散すると効果が薄くなってしまうわけです。マッサージや枕を押し付けて寝る、また運動などで顔を床に押し付けてのストレッチなども避けるべきでしょう。そして、ボトックスに限らず整形をした後はどんな方法であっても体に多少の負荷がかかっているのですから、激しい運動や汗を掻くようなことは避けるべきです。汗をかいたり体が暑くなったりすると血管が拡張して血流が良くなり、その分痛みや腫れが出やすくなってしまいます。しかも、注射箇所によっては当日のシャワーや風呂も控えるよう指示を受けるはずですから、汗をかいて注射部分が不清潔な状態になってしまうのもよくありません。これと同様で、お酒を呑んだり長時間肌を日光に晒したりするのもあまり良いことではありません。副作用が出にくいとはいえ、体に大きな負担がかかると想像しないような症状が現れることもあります。注意点はいくつかありますが、どれも数日のことですし日常にはそれほど支障を来さないでしょう。新しい自分になれる喜びがあれば、こうした注意はそれほど苦に感じないのではないでしょうか。

ボディ

注射器で様々な効果を実感

ボトックス注射は副作用が少ない施術として大変人気です。ボトックスには国内で認可されているものとそうでないものがあります。安全面を考えれば認可されているものの方がおすすめです。値段だけで選ばず、信頼出来るクリニックを選びましょう。

詳しく見る

注射

簡単にきれいになれる注射

副作用も少なく手軽に受けられるボトックス注射は、シワやタルミを簡単に解消したい女性の心強い味方です。顔(ワキや手にも利用できます)の筋肉に注入すると、4ヶ月から1年くらい効果が続くので、興味があるなら一度試してみましょう。

詳しく見る

女医

誰でも簡単きれいになれる

極めて安全で副作用もないボトックス注射は、30〜50代を中心に人気の美容整形です。注射した箇所の筋肉を麻痺させてシワを伸ばしたりたるみを無くしたりしてくれる効果があり、若返りはもちろん、小顔効果なども期待できるでしょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 気になるボトックス副作用とは?【副作用が出にくい】 All Rights Reserved.