気になるボトックス副作用とは?【副作用が出にくい】

誰でも簡単きれいになれる

女医

コンプレックスとサヨナラ

ヒアルロン酸やコラーゲンのように注射をするだけの美容整形術はいくつかあります。どちらも肌がプルプルになったり、たるんだ部分を持ち上げたりするリフトアップ効果があることで知られていますが、近年は注射整形の中でも“ボトックス注射”が人気を集めているのです。基本的な部分として抑えておきたいのは注射による“作用としくみ”そして“どのような悩みに効果的か”という点でしょう。まずその作用ですが、もともとは食中毒を引き起こすボツリヌス菌がボトックスの元となっていることから説明します。といっても、精製後は安全性の高い薬剤になっているので不安に感じることはありません。この成分は注射した箇所(筋肉)にマヒ効果を与えるもので、その部分だけが動かなくなるような感覚です。と言っても顔がひきつって上手くしゃべれない、あるいはものが咀嚼できないという副作用はないでしょう。口蓋筋と呼ばれる筋肉があれば咀嚼や会話には問題なく、顔に注射をしても問題なく副作用も生じないのです。マヒと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、高齢になるとより目立つシワやたるみは顔の筋肉が発達したり垂れ下がったりすることで生まれるものなので、ボトックスはシワやたるみに効果があります。エラが発達している人や歯ぎしりで歯が削れてしまうような人にも効果があるため、美容目的以外でも利用する人が多くいるのです。注射一本で自分の悩みが解決する、あるいはなりたい自分になったり若返ることができたりするという点がこの整形の人気のポイントであり、覚えておきたい部分でもあります。どんな整形でも施術をした後にはいくつかの注意点を守らなければいけません。ボトックスの場合も同様で、守らないと効果が半減したり、痛みなどを感じたりしてしまうため、注意して過ごしましょう。まず治療を受けた後ですが、その部分をもんだりマッサージしたりするのは避けます。枕に注射箇所を押し付ける様な形で眠ったり頬杖をついたりするのも避け、薬剤が注射した箇所にきちんととどまるように意識しましょう。もしも強い圧力や力をかけてしまうと、折角注射したボトックスの成分が他の部分に漏れ出してしまい、思うような効果が出なかったり、効果が弱まったりしてしまうリスクがあります。次に、当日や施術後2〜3日間は深酒や激しい運動をさけることも覚えておきましょう。体温を上げたり汗をかいてしまうと、赤みや痛みがでたり、強まってしまうこともあるのです。日焼けなども同様なので、医師の指示の下、きちんと対策する必要があります。ちなみに、副作用のような痛みや違和感を覚えた場合には医師に相談することも忘れずにしたいところです。副作用が発生する確率は極めて低いですし、違和感も数日間で消える場合がほとんどなのですが、場合によってはケアが必要なこともあるので、早めの診察を受けましょう。ボトックスは安全性も高く、費用も安いので手軽に取り入れられる美容整形のひとつです。しかし効果をしっかり発揮させるためにも、また痛みなどを発現させないためにも注意事項はしっかり守りましょう。「これやってもいいのかな」と不安な時は医師やクリニックのホームページなどから相談してみても良いかもしれません。

Copyright© 2018 気になるボトックス副作用とは?【副作用が出にくい】 All Rights Reserved.